HOME 取扱業務 業務分野 税務
タックスプランニング

税務

タックスプランニング

当事務所は、日本企業、外資系企業を問わず、M&Aや企業グループ内の合併、分割、株式交換などの組織再編、事業統合、新規の投資、事業からの撤退などにおいて、税務面からも検討して、効果的なプランニングを行い、企業の組織再編目的の達成のための助言を行っています。また、役員報酬やストックオプションといった報酬に関する課税問題、駐在員に関する税務などについて他のプラクティスグループ所属の弁護士とも連携の上、多数の事例の積み上げをベースに実務的なアドバイスを行っております。さらに、近年は相続税・贈与税、消費税や関税、エネルギー関連税制(石油石炭税、軽油引取税など)、地方税といった幅広い分野の税務案件の取扱いも増えており、法務および税務の観点から助言を行っています。さらに、当事務所の税務プラクティスの特徴として、最先端かつ複雑な金融取引・金融商品に関するアドバイスが相当数含まれることがあげられます。新規性が高く難易度の高い案件についても、裁判例や裁決例、最新の研究に基づいて、税務面から精緻な助言を多数行っており、将来の課税リスクの低減に寄与しています。

税務へ戻る