人事・労務

非正規雇用対応

日本の職場環境で重要性を増している分野として、契約社員、パートタイマー、アルバイト、派遣労働者などのいわゆる非正規雇用に関する分野が挙げられます。日本の労働力が多様化するなかで、非正規雇用労働者の割合は年々増加する傾向にあり、これに伴って法改正も頻繁になされています。そのため、非正規雇用という雇用形態について、その法的性質や法規制の内容を理解せずに安易に用いることは、さまざまな法的リスクを伴います。当事務所は、これらの雇用形態に関する法規制や実務の内容に精通しており、また、依頼者の人材戦略に影響を及ぼす可能性のある法令の制定や改廃などの動向を常に把握しています。


更に、当事務所は、国内外の派遣会社や人材紹介会社に対し、労働者派遣法、職業安定法などに関するアドバイスを多数行っております。

人事・労務へ戻る