規制当局対応・危機管理

情報漏洩

個人情報や機密情報などの漏洩が発生した場合、事実関係の調査を行なった上で、被害者対応、規制当局対応、広報対応などさまざまな対応を行なう必要があります。近時は欧州のEU一般データ保護規則(GDPR)や中国のサイバーセキュリティ法、あるいは米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などが制定されており、情報保護規制がグローバル化していることにも留意が必要です。
当事務所は、国内外の情報規制分野に関する豊富な経験を有しており、各種対応のサポートや再発防止策の策定などに関するアドバイスを行なっています。

規制当局対応・危機管理へ戻る