HOME 取扱業務 業務分野
規制当局対応・危機管理

業務分野

規制当局対応・危機管理

規制当局による行政調査や犯罪捜査に対応するためには、問題となる法令に関する高度な専門性と行政・刑事の手続に関する深い知識・経験が必要です。当事務所では、各種の業規制や行政刑罰法規に精通した弁護士が、案件に応じてチームを組成し、案件の初期の段階から適時適切なアドバイスを提供します。

また、当事務所は、役員・従業員による法令違反、会計不正、品質問題、情報漏洩、反社会的勢力からの攻撃、抗議団体やマスコミによるネガティブキャンペーンなど、企業活動において生じるさまざまな危機的状況において、社内調査、第三者委員会設置支援、コンプライアンス体制構築、広報対応、派生する訴訟対応など、総合的なサポートを提供します。

行政調査対応

近年、企業が各種規制当局から各種業法に基づく行政調査を受ける場面が増加しています。行政処分を回避・軽減するためには、規制当局側の視点を踏まえた行政調査に対する適切な対応が重要です。 当事務所には、各...

企業刑事弁護

企業やその役員・従業員が、企業活動に関して捜査機関から刑事事件の捜査・訴追を受けた場合、刑事責任の軽減のためには、捜査機関側の視点に立った弁護活動が重要です。 当事務所では、検察官出身の刑事実務に精...

社内調査・第三者委員会設置支援

企業において法令違反や不適正行為が発生した場合、早期に事実関係の調査を実施し、社内処分や、再発防止策の策定、捜査機関に対する刑事告訴などを行なう必要があります。また、事案の内容・性質によっては、外部専...

贈収賄規制

国内外の公務員に対する贈収賄事案が発生した場合、国内外の捜査機関から捜査を受けることになります。わが国では、贈賄罪(刑法)や外国公務員贈賄罪(不正競争防止法)による摘発事例が増えていますが、近時、米国...

会計不正

企業において海外子会社における粉飾決算や架空循環取引などの会計不正が発生した場合、厳しい時間的制約のなかで、事実関係の確認や発生原因の分析などの調査を行なうとともに、監査法人、金融庁・財務局、証券取引...

品質不正・製品事故

企業において、性能偽装、検査不正、データ改ざん、製品の欠陥や不具合に伴う事故などの問題が発生した場合、事実関係の調査や、社内処分のみならず、顧客・取引先対応や規制当局対応を同時並行で適切に行なう必要が...

情報漏洩

個人情報や機密情報などの漏洩が発生した場合、事実関係の調査を行なった上で、被害者対応、規制当局対応、広報対応などさまざまな対応を行なう必要があります。近時は欧州のEU一般データ保護規則(GDPR)や中...

医療・ヘルスケア規制

企業が医療・ヘルスケア分野で事業活動を行なう上では、薬機法、医療法、医師法、食品衛生法などさまざまな法令を遵守する必要があります。 当事務所は、医療・ヘルスケア規制に精通した弁護士が、規制当局からの...

広告・マーケティング規制

企業が広告・マーケティング活動を行なう上では、景品表示法、薬機法、特定商取引法、消費者契約法、不正競争防止法などさまざまな法令を遵守する必要があります。 当事務所は、広告・マーケティング規制に関する...

グローバルコンプライアンス

企業が海外事業を行なう上では、現地の法規制への準拠や海外の規制当局への対応が不可欠です。また、近時、海外の子会社・関係会社による不正事案が増加傾向にあり、国内外のグループ全体の統制を行なうためには、適...

反社会的勢力対応

企業が事業活動を行なうなかで、反社会的勢力との取引関係が判明した場合や、反社会的勢力から不当要求を受けた場合は、関係の遮断や安全確保など適切な対応を早急に行なう必要があります。 当事務所では、弁護士...

マスコミ・広報対応

規制当局対応・危機管理案件においては、マスコミ・広報対応を適切に行なうことが不可欠です。公表する内容、タイミング、記者会見の要否などさまざまな事項を考慮する必要があり、対応を誤れば、企業価値の著しい毀...

業務分野一覧へ戻る