HOME 取扱業務 業務分野
独禁法・競争法

業務分野

独禁法・競争法

当事務所は、日本の独占禁止法はもちろん、日本以外の当局が関係する国際的な競争法案件全般について豊富な実績を有しております。競争法分野は、法改正が極めて頻繁に行われているほか、各当局による実際のエンフォースメントが法令やガイドラインの記載内容と乖(かい)離していることも少なくないため、案件対応にあたっては、豊富な実務経験を有し、最新のエンフォースメントの実情に精通する専門家から公正取引委員会や海外の競争法当局の動向を考慮した助言を受けることが重要となります。当事務所の競争法グループは、公正取引委員会での勤務経験を有する弁護士を複数擁しており、競争法に関係するいかなる案件についても、豊富な経験に基づき最適化されたサービスを提供いたします。

カルテル・談合事件対応、リニエンシー

談合・価格協定などの案件について依頼者に助言を行い、代理人として活動することは、競争法分野における最も重要な業務です。当事務所は、立入検査への適切な対応、弁護方針の策定、取調べへの準備、報告命令などへ...

企業結合における独禁法対応

株式取得・合併・会社分割・事業/資産譲受などによる企業結合や、戦略的な事業提携関係の構築やジョイント・ベンチャーの組成を臨機応変に行うことは、激変するビジネス環境に企業が対応していくために必要です。当...

私的独占・不公正な取引方法等独禁法事件対応

ビジネスの成功のためには、研究開発(R&D, Research & Development)、商品やサービス設計、サプライチェーン構築、販売・マーケティング戦略などさまざまな場面におい...

知的財産権と独禁法の交錯

知的財産権に関連するライセンス契約・販売権付与契約・パテントプール・クロスライセンス・標準化などは、ビジネス戦略上は極めて重要ですが、一方では反競争的な効果を有することがあります。これが、競争法と知的...

流通取引・景表法・下請法・不正競争防止法

流通網構築計画・代理店契約・フランチャイズ契約などの取引については、独占禁止法のリスクを十分踏まえつつ、ビジネス上の目的を達成することが求められます。当事務所では、これらの取引についても常時助言を行っ...

独禁法関連訴訟

公正取引委員会による審査の対象となった事業者が、取引の相手方から民事上の請求を受けることは珍しくなく、それが訴訟に発展することもしばしばあります。諸外国での訴訟、特に米国でのクラスアクションへの対応が...

独禁法コンプライアンス

独占禁止法違反歴の有無を問わず、コンプライアンスの観点や事業リスク低減の観点から、競争法遵守プログラムを策定する企業は増える一方です。当事務所では、依頼者の属する業界やビジネスの展開方法、違反リスクの...

業務分野一覧へ戻る

関連する著書・論文・ニュースレター等

関連するセミナー・講演