HOME 取扱業務 業務分野 海外法務
メインランドチャイナ法務

海外法務

メインランドチャイナ法務

中国市場の発展を見据え、早期から中国メインランド案件を幅広く取り扱い、東京オフィスにチャイナ・デスクを設けるとともに、1998年に北京オフィス、2013年に上海オフィスを設け、日本企業などを積極的に法務面から支援して参りました。当事務所は、中国案件の草分け的存在として、M&A案件、コンプライアンス、アンチダンピング、独占禁止法、当局の調査事案、不祥事案件、知財紛争など、日本企業のメインランドチャイナ向け案件を幅広く取り扱っております。

 

また、中国からのインバウンド案件にも強みを有しており、中国企業の日本に対する投資案件の他、日本における中国企業を依頼者とするキャピタル・マーケッツ案件では圧倒的な強みを有します。

 

 

日本における資格・中国における資格その他の資格を有する弁護士のチームが、中国の文化を深く理解し、中国語・英語・日本語をフルに生かし、幅広い分野においてクライアントをサポートしております。

 

 

  • M&A・投資・撤退案件
  • コンプライアンス関連業務
  • 独占禁止法・不正競争案件
  • 人事・労務案件
  • 通商案件紛争案件
  • 知的財産案件
  • 紛争案件
  • 税務案件
  • インバウンド案件(M&A、資金調達など)

 

海外法務へ戻る