HOME 著書・論文・ニュースレター等
注目裁判例研究:労働:歩合給計算にあたり割増賃金相当額を控除する仕組みの有効性が問題とされた事例-国際自動車事件(最三判平29・2・28)
著書 2017年10月

注目裁判例研究:労働:歩合給計算にあたり割増賃金相当額を控除する仕組みの有効性が問題とされた事例-国際自動車事件(最三判平29・2・28)

2017年10月
著者等 田中 勇気 
出版社 日本評論社
掲載誌・刊号 民事判例15 2017年前期
発行年月日 2017年10月
業務分野 人事・労務 知的財産/ライフサイエンス/IT等 紛争解決
当事務所のパートナー、城山康文弁護士田中勇気弁護士が執筆に参加した書籍が出版されました。

現代民事判例研究会編「民事判例15 2017年前期」
(日本評論社 2017年10月)

第2部・最新専門領域裁判例の動向知財裁判例の動向城山康文
第3部・注目裁判例研究労働
歩合給計算にあたり割増賃金相当額を控除する仕組みの有効性が問題とされた事例-国際自動車事件(最三判平29・2・28)
田中勇気

詳細は下記リンクからご覧いただけます。
https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7587.html