HOME セミナー・講演
国際仲裁の審理手続:争点整理・立証・事実認定

外部主催

国際仲裁の審理手続:争点整理・立証・事実認定

講師
開催日時 2006年4月17日
業務分野

当事務所のパートナー、古田啓昌弁護士が、財団法人海外技術者研修協会(AOTS)主催の国際仲裁実務家研修プログラムで講師を務めます。研修プログラムは下記スケジュールで行われ、アジア諸国の法律家が参加する予定です。

2006年4月17日:仲裁基礎講座

13:30~ 仲裁と調停・和解(講師:澤田壽夫)
15:00~ 仲裁による国際紛争解決(講師:David Rivkin)


2006年4月20日:国際仲裁研修・講義

9:00~10:30 国際仲裁の申立てと仲裁人の選任(講師:花水征一)
11:00~12:30 国際仲裁の審理手続:争点整理・立証・事実認定(講師:古田啓昌)
14:00~15:30 国際仲裁における適用規範(講師:小杉丈夫)
16:00~17:30 仲裁判断とその執行(講師:道垣内正人)