HOME 著書・論文・ニュースレター等
実務 交通事故訴訟体系(全3巻)【第3巻 損害と保険】交通事故訴訟における損害をめぐる実体法と訴訟法の交錯
著書 2017年11月

実務 交通事故訴訟体系(全3巻)【第3巻 損害と保険】交通事故訴訟における損害をめぐる実体法と訴訟法の交錯

2017年11月
印刷する
著者等 加藤 新太郎 
出版社 株式会社ぎょうせい
発行年月日 2017年11月30日
業務分野 紛争解決
当事務所の顧問、加藤新太郎弁護士が執筆に参加した書籍が出版されました。加藤弁護士は下記の論文の執筆を担当しました。

「実務 交通事故訴訟体系(全3巻)」藤村和夫・伊藤文夫・高野真人・森冨義明/編集 
(株式会社ぎょうせい 2017年11月発行)

加藤新太郎弁護士執筆担当分:
【第3巻 損害と保険】
「交通事故訴訟における損害をめぐる実体法と訴訟法の交錯」

本書は、交通事故における責任の所在、「人身傷害保険」などの保険の多様化、慰謝料、過失相殺認定による損害の算定など、交通事故訴訟の理論と実務が網羅された、関係者が常に参照すべき実務書です。
執筆者は第一線で活躍する裁判官・弁護士・学者等約70名。保険法、損害賠償法などについてそれぞれ詳細に解説しています。

詳細は下記リンクからご覧いただけます。
https://shop.gyosei.jp/index.php/products/detail/9589