HOME 著書・論文・ニュースレター等
スマートフォンの構成部分に係るデザイン特許の侵害に関し、スマートフォン製品全体の利益額を基準に3億9900万ドルの賠償を命じた原判決を破棄した米国連邦最高裁判決
論文 2017年6月

スマートフォンの構成部分に係るデザイン特許の侵害に関し、スマートフォン製品全体の利益額を基準に3億9900万ドルの賠償を命じた原判決を破棄した米国連邦最高裁判決

2017年6月
著者等 後藤 未来 
出版社 一般社団法人 日本国際知的財産保護協会
掲載誌・刊号 月報「A.I.P.P.I.」 Vol.62 No.6 (2017)
発行年月日 2017年6月
業務分野 知的財産/ライフサイエンス/IT等
当事務所のパートナー、後藤未来弁護士が執筆した記事が下記雑誌に掲載されました。

スマートフォンの構成部分に係るデザイン特許の侵害に関し、スマートフォン製品全体の利益額を基準に3億9900万ドルの賠償を命じた原判決を破棄した米国連邦最高裁判決
(月報「A.I.P.P.I.」 Vol.62 No.6 (2017))