HOME ニュース
当事務所東京オフィスは、「JID AWARD 2019」において「インテリアスペース部門」に入選し、「日本空間デザイン賞2019」においてはBest100に選ばれました。

当事務所東京オフィスは、「JID AWARD 2019」において「インテリアスペース部門」に入選し、「日本空間デザイン賞2019」においてはBest100に選ばれました。

2019年10月15日 その他

アンダーソン・毛利・友常法律事務所東京オフィスは、「JID AWARD 2019」、「日本空間デザイン賞2019」において、下記の通り受賞致しました。

■「JID AWARD 2019」
(インテリアスペース部門入選)

作品名:アンダーソン・毛利・友常法律事務所
受賞者名:張 棋敦 今井 敬(株式会社メック・デザイン・インターナショナル)
主催:公益社団法人日本インテリアデザイナー協会

■「日本空間デザイン賞」
  (Best100 グループC 国内応募)

作品名:C-0012 アンダーソン・毛利・友常法律事務所移転プロジェクト
主催:一般社団法人 日本空間デザイン協会、一般社団法人 日本商環境デザイン協会
後援:日本経済新聞社


東京オフィスのデザインについては、設計者である株式会社メック・デザイン・インターナショナル(張 棋敦様、今井 敬様)と、当事務所で協議のうえ、完成させたものです。

公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)は、1958年に結成されて以来、日本を代表するインテリアデザイナーとその分野に関連する企業・組織を結集する集団として、幅広い活動を行っています。 協会の主催する「JID賞」は、インテリアデザイナーや関連する企業・組織の優れた活動成果を表彰することにより、日本のインテリアデザインの質的向上とインテリアデザイナーの職能の向上とを促進するとともに、豊かな社会と文化の発展に寄与しようとするものです。

「日本空間デザイン賞」は日本商環境デザイン協会(JCD)と日本空間デザイン協会(DSA)がそれぞれ永きにわたり開催してきたデザインアワードを合併した日本で最大級の空間系アワードです。