HOME 弁護士等
佐当 郁

佐当 郁 KAORU SATO

パートナー
TEL:
03-6775-1055
FAX:
03-6775-2055

佐当弁護士は、伝統的な銀行貸付業務やシンジケート・ローン、クロスボーダー・ファイナンスを含む各種銀行取引に数多く携わっており、また、債権流動化、不動産証券化、プロジェクト・ファイナンスなど各種のストラクチャード・ファイナンス関連取引の組成に従事するほか、 銀行側カウンセルとしてREITデットファイナンスや不動産ノンリコースローン、多様な資金使途のコーポレートローン等にも多数携わっています。 メガバンク系証券会社の商品開発部署や政府系金融機関への出向経験を生かし、クライアントの要望に的確に応える充実したアドバイスを提供しています。

佐当 郁

取扱案件

主たる取扱案件

その他の取扱分野

プラクティス・グループ

  • ストラクチャード・ファイナンス・グループ
  • 金融法務グループ

経歴

1993年3月 東京大学法学部(法学士)
1998年4月 最高裁判所司法研修所修了(50期)
2000年7月 - 2001年7月 邦銀系証券会社に出向
2001年11月 当事務所で勤務開始
2004年5月 米国Northwestern University School of Law (LL.M.)
2004年9月 - 2005年7月 米国ニューヨークのAllen & Overy法律事務所勤務
2005年8月 当事務所に復帰
2007年1月 当事務所パートナー就任
2008年5月- 流動化・証券化協議会 金融関連法制ディスカッションワーキング・グループ委員
2013年4月- 流動化・証券化協議会 証券化技術を使ったバンキングワーキング・グループ委員

著書・論文等

2018年1月
2017年12月
2017年10月
原契約の原債権への影響に関する諸論点 ~双方未履行双務契約性など 流動化・証券化協議会会報誌「SFJジャーナル」Vol.10
2015年2月
2013年1月
利益相反を理解するコース 経済法令研究会
2012年12月
2012年3月
非典型的な信託 ~信託の成立、真正譲渡性等に関連して 流動化・証券化協議会会報誌「SFJジャーナル」Vol.1
2009年8月
金融商品取引法の概要 銀行法務21 No.662(2006年7月号)
2006年7月
2004年12月

セミナー・講演

資格・登録

  • 弁護士登録(1998年)

所属

  • 第二東京弁護士会

使用言語

  • 日本語
  • 英語