HOME 弁護士等
三宅 英貴

三宅 英貴 HIDETAKA MIYAKE

パートナー
TEL:
03-6775-1121
FAX:
03-6775-2121

【不正調査/危機管理】
検事、証券取引等監視委員会(証券監視委)、大手監査法人の不正調査/デジタルフォレンジックチームでの豊富な調査経験を有し、会計不正、相場操縦、インサイダー取引、資産横領、贈収賄、情報漏えい等のホワイトカラークライムや各種不正の調査業務及び刑事・行政当局対応を専門分野としています。

【開示規制/会計・監査制度】
証券監視委で著名な大型事件を含め数々の会計不正や開示規制違反を摘発した経験に加え、大手監査法人で会計監査の手続における不正リスク対応の経験もあり、開示規制や会計・監査制度に関する助言を提供しています。

【金融規制】
外資系資産運用会社や国内大手銀行への出向経験に加え、証券監視委での海外機関投資家による日本市場における相場操縦等の不公正取引の調査、大手監査法人での外資系金融機関による厚生年金基金に対する過剰接待の調査の経験等を活かして金融規制対応を助言しています。

【コンプライアンス】
国内外の規制当局による摘発を契機としたコンプライアンスプログラムの改善支援、国内外の贈賄規制、競争法等のコンプライアンス全般及び日本企業による海外子会社の管理等に関する助言を提供しています。

三宅 英貴

取扱案件

プラクティス・グループ

  • 危機管理プラクティス・グループ
  • 金融法務グループ
  • 会社法務グループ

経歴

1991年3月 桐朋高等学校卒業
1996年3月 慶應義塾大学法学部法律学科(法学士)
2000年4月 最高裁判所司法研修所修了(52期)・東京地方検察庁検事
2000年6月 札幌地方検察庁検事
2001年4月 仙台地方検察庁検事
2003年4月 東京地方検察庁検事
2004年6月 - 2009年12月 アシャースト東京法律事務所(外国法共同事業)勤務
2004年11月 - 2005年3月 株式会社新生銀行スペシャルティファイナンス部へ出向
2006年4月 - 2007年3月 フィデリティ投信株式会社法務部へ出向
2010年1月 金融庁証券取引等監視委員会事務局課徴金・開示検査課 証券調査官
2011年7月 同局開示検査課 主任証券調査官(同局取引調査課 併任)
2011年8月 同局取引調査課国際取引等調査室 併任
2013年7月 新日本有限責任監査法人FIDS(不正対策・係争サポート)・EY Fraud Investigation & Dispute Services
2017年4月 当事務所に入所
2020年1月 当事務所パートナー就任

著書・論文等

実効性を高めるためのグループ内部監査の留意点 ビジネスロー・ジャーナル2020年1月号
2019年11月
Government Investigations 2020 (Japan Chapter) Lexology Getting The Deal Through
2019年9月
職を転々として学んだ組織のお作法 「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」2018年11月12日掲載
2018年11月
2017年11月
2017年10月
近年の会計不正事案の実務的影響 金融法務事情 No.2069(2017年7月10日号)
2017年7月
証券検査・課徴金調査の実務 金融法務事情 (1985 - 1989号)
2014年1月

セミナー・講演

AIを活用したリスクマネジメントの高度化 主催::株式会社日立ハイテクソリューションズ
2019年11月25日
日常監査の必要性 (主催)株式会社エアー
2019年9月11日
2019年4月18日
金融機関における不祥事対応の最前線 (主催)株式会社セミナーインフォ
2018年6月22日
「ビッグデータ時代の危機管理とリーガルクライシス対応」【大阪】~トレンドから見る、平時から有事までの情報ガバナンス強化~ (主催)デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(共催)オープンテキスト株式会社
2018年1月18日
「ビッグデータ時代の危機管理とリーガルクライシス対応」~トレンドから見る、平時から有事までの情報ガバナンス強化~ (主催)デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(共催)オープンテキスト株式会社
2017年8月4日
2017年7月24日、31日
有事対応の最前線 (共催)新日本有限責任監査法人 FIDS(不正対策・係争サポート)
2017年7月11日

資格・登録

  • 弁護士登録(2004年)

所属

  • 第一東京弁護士会
  • 第一東京弁護士会 金融商品取引法研究部会
  • 第一東京弁護士会 会計・監査制度研究部会
  • 日本組織内弁護士協会

使用言語

  • 日本語
  • 英語