HOME セミナー・講演
事業再生でスポンサーになる場合の実務上のポイント ~債務者側の内情や本音を説明しつつ、主として法的手続に おいてスポンサーとなる場合の法務DDのコツや支援金額決定のメカニズムを実例を交えて解説~

外部主催

事業再生でスポンサーになる場合の実務上のポイント
~債務者側の内情や本音を説明しつつ、主として法的手続に おいてスポンサーとなる場合の法務DDのコツや支援金額決定のメカニズムを実例を交えて解説~

開催地
東京
講師
開催日時 2018年7月12日(木)13:30~16:30
会場
  • 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
    (東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
運営 (主催)金融財務研究会
問い合わせ・申込み 金融財務研究会
業務分野

本セミナーでは、事業再生局面によるスポンサー側のみならず、債務者側の経験も豊富に有する当事務所のアソシエイト、荻野聡之弁護士が債務者側の企業の内情や本音を説明しつつ、スポンサー側の立場から、主として法的手続においてスポンサーとなる場合の留意点、法務DDのコツ、支援金額決定のメカニズム等について、実例を交えて解説致します。

1.法的手続でスポンサーになる場合のメリット、デメリット
2.スポンサーはいつ何をすればよいのか(スケジュール)
3.スポンサーはどう選ばれるのか(スポンサー選定手続)
4.スポンサーはどのような形で就任するのか(スキーム選択の基準)
5.法的手続申立後、債務者内部はどうなっているのか(法務DDのコツ)
6.スポンサーはいくら支払えばよいのか(支援金額決定のメカニズム)
7.スポンサー選定の実例