業務分野

M&A等

今日の経営者にとって、M&Aはもはや特別なものではなく、経営戦略上の選択肢の一つとして当たり前に検討され、実行されるようになっています。もっとも、M&Aの実行には大きなリスクが伴うため、経験豊富な専門家の助言を得つつ、十分な情報に基づく意思決定を行い、リスクを適切に管理していくことが肝要です。

 

当事務所は、日本におけるM&Aの黎明期より実務を担ってきたその豊富な知見・経験に基づき、各分野の専門家弁護士が最適にチームアップしつつ、M&Aのプランニングから、ストラクチャリング、法務デュー・デリジェンス、契約書の作成・交渉支援、対当局折衝、各国競争法届出対応、開示に関する助言、株主総会対応、クロージング支援、そしてポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)の支援まで、M&Aのあらゆるステージにおいて、総合的なサポートとソリューションを依頼者にタイムリーに提供します。

 

M&A/企業再編

当事務所は、企業買収・売却、事業買収・売却、合併・株式交換・共同株式移転などによる経営統合、公開買付け、資本業務提携、第三者割当増資などのM&Aや大規模な事業再編に関して、案件規模・取引手法に...

ジョイント・ベンチャー

ジョイント・ベンチャー(合弁事業)では、事業が計画どおりに進捗しなかった場合を含め、将来のリスクを具体的に想定しながら、合弁契約・株主間契約に合弁パートナーそれぞれが果たすべき役割や権利義務関係を定め...

業務提携/アライアンス

企業が他社との間で行う業務上の提携やアライアンス(資本提携を伴うものを含む)について、その形態を問わず、ストラクチャリングや契約書作成、交渉などの面で依頼者をサポートします。同業他社との間の業務提携な...

ベンチャー・キャピタル

近年では、事業会社が、スタートアップ企業・ベンチャー企業への投資を行う機能を有するコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)を組成する動きが広く見られるようになっています。当事務所では、ファンド組...

プライベート・エクイティ/ファンド

当事務所は、国内外のプライベート・エクイティ(PE)ファンドによる各種の買収・売却取引について、投資先企業の業界を問わず、豊富な経験に基づく包括的な法的サポートを提供しています。とりわけ、当事務所は、...

敵対的買収対応

当事務所には、企業支配権をめぐるさまざまな局面で、買収者および被買収対象企業の双方を代理した豊富な実績があります。上場企業の依頼者に対し、平時においては事前警告型買収防衛策の導入・更新や独立委員会の組...

クロスボーダーM&A

65年以上にわたる当事務所の歴史において、クロス・ボーダー案件対応は、常にその中核的な業務を構成してきました。当事務所は、日本の法律事務所として比類なきクロス・ボーダー案件対応力を誇り、北米・欧州のみ...

業務分野一覧へ戻る