HOME 取扱業務 業務分野
人事・労務

業務分野

人事・労務

当事務所は、人事・労務分野において豊富な知識と経験を有しており、依頼者である国内外の企業がその事業を遂行する過程で直面するさまざまな労働問題について、個々の企業の状況に合わせた専門的かつ実務に即したアドバイスを提供するとともに、訴訟、仮処分、労働審判、あっせん、不当労働行為救済手続などの紛争解決手続におけるサポートを提供しています。企業が直面する労働問題の内容は、業種、規模、事業環境などによりさまざまですが、労働問題は年々複雑化・高度化する傾向にありますので、企業にとって経験豊富な専門家によるアドバイスをタイムリーに得ることの重要性は益々高まっています。当事務所は、人事・労務分野に精通した多数の弁護士を擁しており、企業が抱えるさまざまな労働案件について、適切なアドバイスおよびサポートをタイムリーに提供できる体制を整えています。

労働紛争

当事務所は、訴訟、仮処分、労働審判、あっせん、不当労働行為救済手続をはじめとする労働関連の紛争解決手続において幅広い実績とノウハウを有しています。同時に、当事務所は、労働関連紛争を効率的に解決するため...

労働組合対応

昨今は、企業内部の労働組合から団体交渉を要求されるだけでなく、外部の労働組合が企業のなかに組合員を獲得して団体交渉を要求してくることもあります。当事務所は、団体交渉に参加して依頼者をサポートするだけで...

労働行政当局対応

当事務所は、労働関連法令や労働行政当局による法執行の最新実務に精通した弁護士が、臨検調査への対応、指導、勧告、送検などへの対応だけでなく、コンプライアンス体制の構築その他の是正措置の策定や実施を含めた...

ハラスメント

セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメントをはじめとするハラスメントは、一向に減る気配がありません。これらのハラスメントに関する問題は、法的紛争に発展すると、加害者に加えて、...

解雇、退職勧奨等

景気の良し悪しにかかわらず、解雇は、雇用主にとっては常に身近かつ重要な問題です。しかし、日本の労働関連法令のもとでは、雇用主による解雇は非常に厳しく制限されているため、対応を誤ると解決が非常に困難にな...

企業再編に伴う労働問題

当事務所は、合併・買収、事業譲渡、会社分割その他の企業再編の過程で生じる労働問題に関してデュー・ディリジェンス、法的分析、対応策の検討などを行うだけでなく、組織再編後の人員整理や労働条件の変更などの労...

給与、退職金、退職年金その他労働条件

給与、賞与、退職金などに関する制度は、企業によってさまざまですが、当事務所は、それらの制度の導入、実施、改廃などについて、実務に即したアドバイスを数多く提供しています。   また、多くの企...

労働安全衛生、労働災害、メンタルヘルス

当事務所は、労働安全衛生、労働災害などの問題について、国内外の企業に対しアドバイスとサポートを提供しています。 また、従業員を取り巻く社会情勢や職場環境の変化により、従業員の心身の負荷は増加する...

役員(取締役、監査役等)対応

役員と会社との関係は基本的には会社法に従って規律されます。しかしながら、とりわけ外資系企業の日本の子会社においては、取締役が海外の親会社または日本の子会社の従業員としても扱われていることが少なくありま...

非正規雇用対応

日本の職場環境で重要性を増している分野として、契約社員、パートタイマー、アルバイト、派遣労働者などのいわゆる非正規雇用に関する分野が挙げられます。日本の労働力が多様化するなかで、非正規雇用労働者の割合...

就業規則、雇用契約その他の文書の作成、検討

当事務所は、就業規則をはじめとする人事関連規則、雇用契約その他の人事関連文書の作成や検討などのサービスを提供するとともに、それらの人事関連文書に関して、法規制や実務の内容に沿ったアドバイスを提供してい...

社会保険、労働保険

当事務所は、これまでは社会保険労務士の領域とされていた労働保険や社会保険についても、法令や実務に即したアドバイスとサポートを提供しています。特に、外国人の社会保険や労働保険については、日本の社会・労働...

出入国関連業務

外国人が日本で就労しようとしても、適切な在留資格がなければ就労することはできません。そのため、企業が日本で就労させるために外国人を受け入れるにあたって、その外国人が適切な在留資格を円滑に取得することが...

労働法令遵守

当事務所は、長年の経験から、日本で業務を行う国内外の企業にとって、労働関連法令の遵守が重要であると同時に、実務としての人事・労務管理も重要であると考えています。当事務所は、コンプライアンスの重要性だけ...

業務分野一覧へ戻る