Asahi Judiciary「企業法務の窓辺」
朝日新聞オンライン「法と経済のジャーナル Asahi Judiciary」において、当事務所の弁護士による連載「企業法務の窓辺 アンダーソン・毛利・友常法律事務所の弁護士たちの身辺雑感」が掲載されています。同連載は、法律家の目から見た身辺雑記的なエッセイ(コラム)になっています。

2017年10月09日 中国「芸術産業」国家戦略を現代アート好き弁護士が見る 若林耕
2017年09月11日 ウズベキスタン、ロシア、気がつけば12年 松嶋希会
2017年08月14日 自分独自の「Google 20%ルール」プロジェクトで得たもの 伊藤多嘉彦
2017年07月10日 「どうぞ」… 人のために想像力を働かせること 門永真紀
2017年06月12日 人事担当役員と人事部長が泣いた夜 人間力の大切さを教えられ 清水亘
2017年05月08日 日米の法律事務所の流儀の違い 個室主義と電話会議 廣田駿
2017年04月10日 35歳からのやり直し英語~ヤメ検国際弁護士の楽らく英語トレーニング法~ 木川和広
2017年03月13日 ロサンゼルスの魅力と海外生活で得られたもの 伊東成海
2017年02月13日 ベトナム5年、交渉スタイルの違いに「精進」必要性を痛感 三木康史
2017年01月09日 南米のすすめ やらない後悔よりもやる後悔を 岩崎大
2016年12月26日 EU離脱「憲法上の手続き」で英国の最高裁は議会承認を求めるか 若林弘樹
2016年12月12日 なぜ税務を専門とする弁護士「タックス・ローヤー」になったのか 田中良
2016年11月28日 インドネシアで日本人弁護士は何を感じ、何をしているか 池田孝宏
2016年11月14日 簡にして要を得た表現とは何か 小田原啓太
2016年10月31日 ニューヨークと台北に見る国際M&A(企業買収)交渉の東西比較考 鼎博之
2016年10月17日 喧噪とエネルギーに満ちた金融都市・香港の深さに魅せられて 鈴木杏里
2016年10月03日 バンコクに弁護士事務所を開き、タイ人弁護士の上司になって 安西明毅
2016年09月18日 「奇跡」が紡ぐ人間社会: 外様弁護士の視点から 竹本康彦
2016年09月05日 企業法務弁護士1年目に考えること 幅広さと奥深さ 柴田育尚
2016年08月22日 ドイツ的弁護士生活 ~肉とじゃがいもとビールと規範~ 新城友哉
2016年08月08日 事業再生とは人を再生すること:初めての和議で悟ったこと 三村藤明
2016年07月25日 知っておけば温泉をより楽しめる温泉の情報開示・表示規制 牛之濱将太
2016年07月11日 ある弁護士の英語奮闘記 「アウェイ戦」のすすめ 宮川賢司
2016年06月27日 欧州の経営大学院に留学して感じた社会における弁護士の役割 永井亮
2016年06月13日 秘密裏の経営判断はなぜ漏れたのか? 記者と弁護士 柴田義人
2016年05月30日 ウィーンの国際原子力機関(IAEA)の法務部で働いた経験 土屋智恵子
2016年05月16日 ブラジルの裁判所を見てまわって感じた日本との違い 石井淳
2016年05月02日 子に会えない親を救済できない日本と「クレイマー・クレイマー」 大島義孝
2016年04月19日 事件、人との出会いはいつも一期一会 ギターの演奏のように 小林隆一
2016年04月04日 インターネットで訴訟記録を閲覧できる米国に見るサービスの進歩 仁瓶善太郎
2016年03月22日 起こり得る「困ったこと」=「リスクイベント」をどう想定して契約に盛り込むか 寺﨑玄
2016年03月07日 弁護士は人工知能(AI)に取って代わられるか? 宮野勉
2016年02月22日 「爆買い」する「日本人」たちに見る日本人弁護士の生きる道 唐沢晃平
2016年02月09日 将棋:情勢を客観的に見ることと彼我の思考・感情を読むこと 早田尚貴
2016年01月25日 墓地を巡る お墓から見えてくる歴史、社会の変化、法的な論点 木村栄介
2016年01月12日 「文明の衝突」を国益に 米国式倒産実務の流入とその余震 坂井秀行
2015年12月28日 「お金に色はない」と分かってもらうことに法律家としての責任を感じるとき 梅津立
2015年12月14日 弁護士業を一時休職して「ハイジの国」スイスに暮らす 伊藤直子
2015年11月30日 事業再生と倒産に向き合った18年と弁護士の仕事 関端広輝
2015年11月16日 会社から見た法律事務所と法律事務所から見た会社 加藤賢
2015年11月02日 「下町ロケット」、依頼者に求められる専門性をみがくために 桑原秀介
2015年10月19日 証券ローヤーはどんな仕事をしているのか 橋本雅行
2015年10月05日 野球審判にビデオ判定でチャレンジする制度の成否は? 大槻健介
2015年09月21日 ビザの無効で始まったトラブル続きの海外生活で得たもの 中野裕仁
2015年09月07日 米ナッシュビルと英ロンドンの法科大学院で学んで 上田潤一
2015年08月24日 M&Aの当事者となってみて~AMTとBSMAの統合に関する雑感~ 石原坦
2015年08月10日 シンガポールの食文化、法律業務、仲裁 藤原利樹
2015年07月27日 シンガポールでの日本食レストラン出店戦略のポイントと法務 副田達也
2015年07月13日 日本で競争法を助言するギリシャ人弁護士 バシリ・ムシス
2015年06月29日 日米ビール事情 米田裕美子
2015年06月15日 日本企業のトルコでの活躍のために弁護士として 江本康能
2015年06月01日 なぜ弁護士の言葉は理解しづらいのか 伊藤哲哉
2015年05月18日 司法修習10年の熱海同窓会で感じたLet it go! 瀧澤信也
2015年05月04日 山を登るのではなく川を歩く週末ハイキングの理由 山内真之
2015年04月20日 マレーシアの熱気に包容されて 小杉綾
2015年04月06日 剣道と弁護士: 攻めること、攻められても動じないこと 佐藤剛史
2015年03月23日 ベトナムの日本人弁護士の自問自答 坂崎宏幸
2015年03月09日 タフな議論とモラルによるコンプライアンス 加藤龍司
2015年02月23日 東大ロースクールの実務家教員として 黒田康之
2015年02月09日 特許庁総務課に出向して地域おこしに取り組む 野﨑雅人
2015年01月26日 冷めたコーヒーはマズイ? 「物差し」を教えてくれた喫茶店 丸山潤
2015年01月13日 北京で暮らすということ - 食を知り人を知る 横井傑
2014年12月29日 法律業務と言葉~文章作成の際に意識すること 甲立亮
2014年12月15日 駅員・車掌だった私が弁護士になって感じる社会人経験者と法曹 中村拓朗
2014年12月1日 多言語主義のEU首都で信じてもらえなかったこと 安井允彦
2014年11月17日 バークレーとワシントンD.C.で暮らして感じた違い 久保田淳哉
2014年11月04日 米国での出産で身にしみた米医療制度の現実 中西洋文
2014年10月20日 会社は誰のものかではなく、関係者の利害を調整する器 安達理
2014年10月06日 米国で学んだ交渉術を息子に使ってみると - Getting to "Yes, papa" 山田純
2014年09月22日 カンニングできる環境でカンニングしない自主ルール 楽楽
2014年09月08日 豪パース研修記:世界で最も美しく、かつ、孤立した都市 西杉英将
2014年08月25日 異文化出身者たちがオープンに議論し、ともに悩み、楽しむ 清水茉莉
2014年08月11日 60年前に既に使われた「~になります」は正しい日本語なのか 森下国彦
2014年07月28日 会社法改正の条文づくりの「神は細部に宿る」 塚本英巨
2014年07月14日 昆虫好きの目で様々な視点から案件を眺める 大橋さやか
2014年06月30日 飲茶文化とおもてなし 香港での経験から 西村綱木
2014年06月16日 若く活気にあふれるベトナムに弁護士、単身赴任して 長田真理子
2014年06月02日 国際仲裁の何がおもしろいのか 井上葵
2014年05月19日 ミャンマーに赴任した日本人弁護士とラーメン 今井裕貴
2014年05月05日 「社会正義」「租税法律主義」「プロボノ」をつなぐ糸? 仲谷栄一郎
2014年04月21日 震災支援機構に出向して岩手県沿岸部で働いた経験 戸田裕典
2014年04月07日 アジアとヨーロッパの交差点で催涙ガスに遭遇 宮健太郎
2014年03月24日 弁護士として、公認会計士としての貴重な経験~私の官庁出向談~ 中村慎二
2014年03月10日 「乗り物弁護士」を目指して:国土交通省航空局への出向経験から 寺﨑玄
2014年02月24日 オーストラリアの自然がもたらすもの 生島隆男
2014年02月10日 「法の支配」発祥の地・英国で金融法を学ぶ 谷本大輔
2014年01月27日 「信長のシェフ」と「清須会議」 名古屋で三英傑の活躍した時代に思いを馳せる 青柳良則
2014年01月13日 「夢」を見られない子供たちへ 宮野勉
2013年12月30日 年末に考える一年の計と人生五計 中川裕茂
2013年12月16日 ブラジルと日本 お祭り好きの国民事情 福家靖成
2013年12月02日 人生の中のある日 幸運と体力と覚悟 金子圭子
2013年11月18日 イスラム金融と仏教ファイナンス? 上林英彦
2013年11月04日 15歳の記念の贈り物 変わりつつある中国 森脇章
2013年10月21日 タージマハルだけではないインドの建築の話 大河内亮
2013年10月07日 中南米法務とロマンス系言語の世界 角田太郎
2013年09月23日 長い休みはどのように取るべきか取らせるべきか 東尾知里
2013年09月09日 ビルのエレベーターとキャピタル・マーケッツ弁護士 白川もえぎ
2013年08月26日 禅問答:ある何事かを表現し、伝えるにはどうすればいいのか 手塚崇史
2013年08月12日 インドのすゝめ 〜 変化を続ける大国の今 山田貴彦
2013年07月29日 裁判官:東京は勤勉、大阪は人情、地方はじっくり検討? 赤川圭
2013年07月15日 国立天文台の弁護士として宇宙の深淵にわくわくする 石原仁
2013年07月01日 中国の「鉄」老人たちから学んだフェアプレー精神 矢上浄子
2013年06月17日 鉄道時刻表をバイブルに旅する醍醐味 舩越輝
2013年06月03日 字を書かなくなった弁護士、改めて文字を習う 長戸夏恵
2013年05月20日 グローバル人材の素養としてのユーモア 戸倉圭太
2013年05月06日 専門化する前の企業法務弁護士一年生のやりがいと心がまえ 土門駿介
2013年04月22日 ベトナムのハノイから:ボディータッチと法律、そして弁護士 木本真理子
2013年04月08日 ビジネス弁護士によるプロボノ(社会貢献)活動 齋藤宏一
2013年03月25日 キラキラの国、インドネシア 「近い将来」も意味する「明日」 松本拓
2013年03月11日 改名ブーム!? 占い好きな台湾人の「改命」事情 若林耕
2013年02月25日 餃子と芋煮会がある宇都宮から東京に新幹線通勤、その効用 内田恵美
2013年02月11日 相手は何を見て何を考えているかを理解する 近藤純一
2013年01月28日 多様性の国シンガポール 一日本人弁護士として働いてみると 佐藤かおり
2013年01月14日 東南アジアに流浪する弁護士 タイとマレーシアでの経験から 安西明毅
2012年12月31日 被災者や被害者のために 一人の人としてできること 山田貴彦
2012年12月17日 ミャンマーが熱い:日本企業のミャンマー進出で弁護士雑感 十市崇
2012年12月03日 シカゴで出会った「法と経済学」 宮本甲一
2012年11月19日 独禁法弁護士とオペラ指揮者の意外な接点 山島達夫
2012年11月05日 北京に住む企業法務弁護士と中国人タクシー運転手の会話 濱本浩平
2012年10月22日 新興国の現場をネットワークで駆ける弁護士の「忙中に閑あれ!」 森脇章
2012年10月07日 インドの日本人弁護士:修行の日々で得たもの 琴浦諒
2012年09月24日 中東ガザ地区へ進出するための法務と実務(?) 上林英彦
2012年09月11日 米国のベンチャー企業を生みだして支える環境とその実務、そして留学 谷澤智章
2012年08月27日 「同意」百景:病院とスキー場とビッグデータの意外な共通点 中崎尚
2012年08月13日 法律事務所から金融庁に出向して得られたもの 山田貴彦
2012年07月30日 弁護士、自転車に乗る 渋谷武宏
2012年07月16日 海の向こうのコモン・ロー:「法律」がない国々 樋口航
2012年07月02日 初のNYラーメンコンテストに参加して思うラーメンと弁護士業 今井裕貴
2012年06月18日 新たな法分野の探求 動物法(Animal Law)との出会い 三木康史
2012年06月04日 アイスホッケーと弁護士業務の共通点 福家靖成
2012年05月21日 転ばぬ先の杖:予防法務とは? 伊藤麻里
2012年05月07日 医者の不養生、坊主の不信心、では弁護士は? 出張智己
2012年04月23日 海の色は青ではない 田中勇気
2012年04月09日 リケイ ミーツ パテント 特許の「進歩性」審査 どのような技術的課題に着目したか 小野誠
2012年03月26日 英語で授業:発言しない日本人学生と発言する外国人留学生 角田太郎
2012年03月12日 ワールドカップサッカー 相手の違いを見極め、駆け引きに勝つ 額田雄一郎
2012年02月27日 公益活動の民営化:「お上頼み」から「私に期待」へ 仲谷栄一郎
2012年02月13日 弁護士の学会と「ネットワーキング」 中野雄介
2012年01月30日 走ることについて語るときに私の語ること 中町昭人
2012年01月16日 けんかの仲裁と調停、訴訟、国際商事仲裁 古田啓昌
2012年01月04日 女性弁護士と企業法務:ある弁護士の独り言 今津幸子
2011年12月19日 邪馬台国時代の「検察」 魏志倭人伝と客観的証拠 甲斐淑浩
2011年12月05日 一年生弁護士奮戦記:幻の最高裁判例を追って 加藤雅信
2011年11月21日 「渉外」弁護士も「室内」から外へ:アウトバウンド、震災とPFI 山口大介
2011年11月07日 弁護士の心構え:きょうも勤勉な裏方に徹し、ひとには優しく 金子圭子
2011年10月16日 最新グローバル企業法務のキーワード集 川村明
2011年10月11日 文系ビジネスマンにとって特許とは? 城山康文
2011年09月26日 リード・カウンセル、各国弁護士に同一指示、同一締め切りで 森脇章
2011年09月12日 草野球に見えた弁護士業務の極意、ユニフォームから準備まで 岩瀬吉和
2011年08月29日 あいまいな「首相退陣」覚書と「直ちに害はない」 宮野勉
2011年08月15日 なぜメロスは走らねばならなかったのか? 左高健一
2011年08月01日 弁護士の仕事を客の立場で評価するには…、社内弁護士採用の勧め 日下部真治
2011年07月19日 民主主義の帝王学:諫言する忠臣に主権者は? 阪田雅裕
2011年07月04日 「京町家」とタックス・プラニング 仲谷栄一郎
2011年06月14日 自立的な働きかたの「労働者性」めぐり、最高裁はこの春の判決で 沢崎敦一
2011年06月06日 ロック・スターのギター、その形と音色に知的財産性は? 宮垣聡
2011年05月23日 ワイン投資と縦割り法規制 森下国彦
2011年05月09日 中国・赤信号は気をつけて渡れ、青信号でも気をつけて渡れ 中川裕茂
2011年04月20日 合コンで弁護士に「ご専門は?」 弁護士の専門化は世の流れ 宮野勉
Back to TOP