著書・論文等

判例評釈「時言:起訴休職制度と解雇」

掲載誌:
労働経済判例速報 68巻33号 No.2327
出版社等:
経団連事業サービス
著者等:
今津幸子
業務分野:
人事・労務
種別:
論文

当事務所のパートナー、今津幸子弁護士が、日本経済団体連合会事務局編・労働経済判例速報 No.2327において、起訴休職期間の満了を理由とする解雇が有効とされた判決(大阪地判平29・9・25)に関する判例評釈を執筆しました。

判例評釈「時言:起訴休職制度と解雇」
(経団連事務局編・労働経済判例速報 68巻33号 No.2327)

人事・労務に関する最近の著書・論文

相談室Q&A「過重労働を理由に退職する者に、退職理由や社内事情を公言しないよう求めることは問題か」
労政時報 No. 3943 (2017年12月22日号)、株式会社労務行政
土屋智恵子
民事判例15 2017年前期
日本評論社 2017年10月
城山康文 田中勇気
The International Comparative Legal Guide to: Outsourcing 2017 (Japan Chapter)
The International Comparative Legal Guide to: Outsourcing 2017、Global Legal Group
中崎尚