著書・論文等

新連載 「判例漫歩 -実践的判例研究-」
(第1回)判例または裁判例の意義と役割

掲載誌:
金融法務事情 No.2076
出版社等:
一般社団法人 金融財政事情研究会
著者等:
門口正人
業務分野:
訴訟/紛争解決
種別:
論文

一般社団法人金融財政事情研究会が編集・発行した定期刊行誌「金融法務事情」において、当事務所の顧問、門口正人弁護士による連載企画「判例漫歩 -実践的判例研究-」がスタートいたしました。 第1回目として、下記論文が掲載されました。

新連載 「判例漫歩 -実践的判例研究-」
(第1回)判例または裁判例の意義と役割
 (金融法務事情 No.20762017年10月25日号)

訴訟/紛争解決に関する最近の著書・論文

投資協定仲裁判断例研究(95)投資家が株式を保有する会社が申し立てた商事仲裁の仲裁判断の既判力を肯定した事例
JCAジャーナル  2017年11月、一般社団法人 日本商事仲裁協会
井上葵
連載 Legal Analysis(第19回)弁護士照会に対する照会先の報告義務の存否
NBL No.1109 (2017年11月号)、商事法務
加藤新太郎
Getting the Deal Through - Tax Controversy 2018 (Japan Chapter)
Getting the Deal Through - Tax Controversy 2018、Law Business Research
仲谷栄一郎 梶原康平