TKS.jpg

鈴木 剛志

Takeshi Suzuki
パートナー
  1. 03-6888-1149
  2. 03-6888-3149
ENGLISHlawyer_hr.gifCHINESE
PRINT PAGE

主な業務

主に競争法、M&A取引及びその他一般法務を担当しております。当事務所に入所する以前は、英国トップファームの東京及びブリュッセル事務所においてクロスボーダーM&A及び日本・EU競争法に関するアドバイスを行った経験を有し、また、公正取引委員会企業結合課において、主査として数多くの企業結合審査を担当した経験を有しております。このような経験を活かして、特に、国際的な競争法案件(とりわけ、企業結合審査案件及び国際カルテル案件)を専門的に取り扱っております。また、国内カルテル・入札談合、流通取引、知財関係、下請法に関するアドバイスも数多く行っております。

経歴

2000年3月 洛南高等学校卒業
2006年3月 京都大学法学部(法学士)
2007年9月 最高裁判所司法研修所修了(60期)・弁護士登録(第二東京弁護士会)
2007年10月
-2011年12月
外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ勤務
2012年1月 
-2014年3月
公正取引委員会事務総局経済取引局企業結合課勤務
2014年4月
-2014年9月
ブリュッセルのWilson Sonsini Goodrich & Rosati法律事務所勤務
2014年11月 当事務所入所
2017年1月 当事務所パートナー就任

受賞歴

2017年 Who's Who Legal Competition Future Leaders - Partners

著書・論文・講演

著書:
"Handbook on Antitrust in Technology Industries"(ABA Book Publishing 2017年、共著)
"Government Investigations 2018"(Japan Chapter)(Getting The Deal Through Law Business Research Limited 2017年、共著)
"Private Antitrust Litigation 2018"(Japan Chapter)(Getting The Deal Through Law Business Research Limited 2017年、共著)
"The Merger Control Review, Eighth Edition"(Japan Chapter)(Law Business Research 2017年、共著)
「独禁法の道標3 第5回国際カルテルの予防に向けたコンプライアンス体制の整備」(BUSINESS LAW JOURNAL 2017年)
「特集2 課徴金・罰金対応の実務ポイント 独占禁止法 - 裁量型課徴金制度・確約制度導入の影響」(ビジネス法務 2017年)
"GCR Know how – Information Exchange 2017"(Japan Chapter)(Global Competition Review、Law Business Research 2017年、共著)
"The Merger Control Review, Seventh Edition"(Japan Chapter)(Law Business Research 2016年、共著)
"Private Antitrust Litigation (Japan Chapter)(Getting The Deal Through Law Business Research Limited 2016年、共著)
"International Licensing and Technology Transfer: Practice and the Law” (Japan Chapter)(Kluwer Law International 2015年、共著)
「企業結合ガイドライン」 (商事法務 2014年、共著)

所属

・第二東京弁護士会

使用言語

・日本語
・英語