LJD.jpg

李 加弟

Jiadi Li
北京オフィス顧問
  1. +86-10-6590-9060
  2. +86-10-6590-9062
ENGLISHlawyer_hr.gifCHINESE
PRINT PAGE

資格取得国 (Not admitted in Japan)

中国(中国において弁護士としての業務を行うことは中国法により認められておりません)

経歴

1998年7月 中国長春大学外国語学院(文学士)
2000年3月 中国弁護士資格取得
2000年7月 中国人民大学法学院(法学修士)
2002年3月 同志社大学法学研究科(私法学研修)
2004年3月 慶応義塾大学法学研究科(商法学修士)
2004年4月 当事務所入所
2014年5月 - 中国‐東アジア国家国際貿易紛争解決諮問委員会委員

著書・論文・講演

著書:
「日本ビジネス法実務」
(アンダーソン・毛利・友常法律事務所編著、法律出版社(中国)、2009年5月)
「法務の疑問に答える 中国独禁法Q&A」
(レクシスネクシス・ジャパン、2011年)(共著)
「日本M&A法実務」
(中国政法大学出版社、2011年)(共著)
論文:
「レッドチップ方式による中国系企業の海外上場と株式交換
-海外SPVのエクイティファイナンスの新潮流」
(「Lexis 企業法務」2006年11月号(共同執筆))
「中国における破産・会社更生(上・下)」
(「Lexis企業法務」2007年8、9月号(共同執筆))
「中国ビジネスQ&A 北京オリンピックの知的財産権(上・下)」
(「Business Law Journal」2008年8、9月号(共同執筆))
「中国ビジネスQ&A 外貨管理条例の改正から見える中国の今後の規制緩和」
(「Business Law Journal」2008年12月号(共同執筆))
「ビギナーのための中国企業との契約実務 ~一目で分かるリスクマップ~」
(「Business Law Journal」2009年12月号(共同執筆))
「増加する合併会社の設立と各種紛争の防止及び解決策」
(「ザ・ローヤーズ」 2011年7月号)
「中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)の上海分会と華南分会への授権取消と契約及び仲裁の実務における今後の影響」
(「国際商事法務」 Vol.40, No.10 (2012)(共著))
「中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)の内紛と仲裁判断の執行・不執行事例の紹介」
(「国際商事法務」 Vol.41, No.10 (2013)(共著))
日本のプライベートセクター業務の弁護士の現状
(「方圓」 2013年10月号)
新三板の概要・現状・利用可能性
(「BTMU 中国月報」 第138号 (2017年7月)(共著))
講演:
「日本の裁判及び仲裁の制度及び実務並びに中国と日本の相互の承認等に関して」 (中国法学会、中国国際投資促進委員会主催 第五回中国吉林・東北アジア投資貿易博覧会「東北アジア法律協力論壇」 2009年9月)
「増加する中国企業の対日投資」 China Outbound Investment Summit 2009(Legal Media Group Asia主催 2009 年9月)
「中国企業による日本への投資(買収を中心とする)時の法的注意点」 第六回国際商事法務フォーラム(中国国際貿易促進委員会、中国国際経済貿易仲裁委員会主催 2011 年10月)

使用言語

・中国語
・日本語
・英語