NEWS

監査役の視点によるコーポレートガバナンス・コードの分析-適用2年目における開示事例等の分析-

弁護士等:
塚本英巨
掲載日:
2017年12月01日
種別:
その他

当事務所のパートナー、塚本英巨弁護士が専門委員を務める日本監査役協会ケース・スタディ委員会が「監査役の視点によるコーポレートガバナンス・コードの分析-適用2年目における開示事例等の分析-」を取りまとめ、発表しました。

本報告書は二部構成となっています。
第一部 第4章における初年度からの開示の変化、第4章以外で監査役が明記されてい る原則の開示内容の傾向
第二部 監査役として関心の高い原則の開示事例等の分析

報告書はこちらからご覧いただけます。
http://www.kansa.or.jp/support/library/casestudy/post-184.html