NEWS

ABA東京大会において、当事務所はMeeting Exhibitorとして貢献し、多数の弁護士が期間中のセッションにてスピーカー等を務めました。

掲載日:
2016年10月24日
種別:
その他

10月17日から21日にかけて、American Bar Association(ABA)のSection of International Law 2016 Fall Meetingが東京で開催され、米国をはじめとする各国から多数の法曹の参加を得て、期間中にレセプションや各分野のセッションが行われました。当事務所はMeeting Exhibitorとして貢献し、北澤正明弁護士、廣岡健司弁護士は、Steering Committeeのメンバーを務めました。また、当事務所の弁護士は期間中に以下のセッションにて、参加者のうち最大数のスピーカー等を務めました。

日付 担当者 セッション
10月19日(水) 片山 達 (speaker) Plenary Session - Globalization of Attorney Client Privilege (translated program)
原 悦子 (speaker) Multijurisdictional merger control in Asia-Pacific (translated program)
粟田口 太郎 (speaker) Cryptocurrencies: An Overview
古田 啓昌 (speaker) Ethical Issues for Arbitrators and Party Representatives in International Arbitrations(translated program)
 10月20日(木) 井上 葵 (speaker) Third Party Funding in Arbitration-The New Counsel Guideposts by the ABA SIL International Arbitration Committee
10月21日(金) 十市 崇 (moderator) Recent trends in M&A in Asia
片山 達 (speaker) Moving forward - Expansion strategies for law firms in Asia under the existing regulatory frameworks
角田 太郎 (speaker) OOPS. I DID IT AGAIN: How to use cultural differences to your advantage in global financial deal making and how to avoid those deal tragedies